FUJI TRAVEL NEWS

フジトラベルスタッフおすすめ旅コラム

究極のフォトジェニック・スポットへ! 「写真家と行く! ヒマラヤの絶景を撮影する! ネパール6日間 JUN MATSUO PHOTO TOUR 2020」


  1. 写真家・松尾純さんとネパールへ
  2. 2月21日:チベットの巡礼地「ポダナート」へ
  3. 2月22日:マチャプチャレとアンナプルナの絶景に感動!
  4. 2月23日:早朝のヒマラヤを楽しむ

  5. 2月24日:最終日は古都めぐり

  6. 2月25日:一路、羽田空港へ

 

 

こんにちは!世界を旅する写真家・松尾純さんをご存知ですか?
チベット文化圏を中心に、アジアをはじめとする世界各国を旅する写真家です。
そんな松尾さんと一緒にネパールをめぐる、プレミアムなツアーをご紹介します!

こんにちは。
ネパールと言えば、ヒマラヤ!ヒマラヤと言えば、チベット仏教の巡礼地と絶景…究極のフォトジェニック。
その名も『写真家と行く! ヒマラヤの絶景を撮影する!
ネパール6日間 JUN MATSUO PHOTO TOUR 2020』!
2020年2月21日(金)羽田空港出発限定のプランです☆

新月を狙う星空6日間の旅☆写真好きな方も、神秘的な思い出をつくりたい人にもおすすめです♪

写真家・松尾純さんとネパールへ

▲松尾純さん

 

19歳の頃から一眼レフを持って世界を旅する松尾純さんは、50以上の国と地域での撮影経験を持ち、チベット文化圏をもっとも得意なフィールドとする写真家。

5,000mを超えるヒマラヤ山脈など、世界各地の辺境で暮らす人々を写し続け、近年は本や雑誌への執筆、取材撮影、講師、写真展など広島を拠点に活動中です。

 

 

世界最高峰のエベレストを擁し、神々が棲むというネパール。

30以上の民族が暮らすといわれ、ヒンドゥー教や仏教を中心する個性的な寺院なども点在し、見どころがいっぱいです。

 

 

2月21日:チベットの巡礼地「ポダナート」へ

▲ポダナート

 

羽田空港からタイ航空にて経由地バンコクへ、乗り継ぎで一路ネパールの首都カトマンズへ向かいます。

到着後、チベットの巡礼地「ポダナート」へ。

ポダナートはカトマンズにある高さ約36mのネパール最大のチベット仏教のストゥーパ(巨大仏塔)。

古くからチベット仏教徒の主要な巡礼地として知られ、中心にはブッダのお骨(仏舎利)が埋められているとか。

 

ここでは松尾さんと写真のことはもちろん、チベット仏教についてもお話しながら撮影する予定です。

 

刻々と光が変わっていくなかで、巡礼地の神聖な風景を切り取りましょう。

 

宿泊は、ネパールの首都カトマンズのホテル「風ダルバール・カマルポカリ」。

ネパールの文化と歴史を感じる建造物を利用し、自然・天然の素材にこだわったホテルです。

 

▲風ダルバール・カマルポカリ

 

ホテルでの夕食後、松尾純講師による講座が開かれます。

あの雄大でありながら神秘的な1枚をどうすれば撮れるのか…これは必聴!

 

2月22日:マチャプチャレとアンナプルナの絶景に感動!

ホテルにて朝食後、国内線にてポカラへ。

アンナプルナ山群の眺望を堪能しながらアスタムへ向かいます。

 

午後、7,000m級のヒマラヤ連山を180度望むホテル「はなのいえ」へ。

 

▲はなのいえ

 

4haもの敷地に洗練された空間、そして目の前に広がるヒマラヤ。

贅沢な時間を過ごせるヒマラヤの楽園で、広い庭からは聖山マチャプチャレとアンナプルナ山群の大パノラマが望めるとのこと。

朝・夕は日に赤く染まるヒマラヤを眺め、昼はヒマラヤを見ながら優雅なランチを、夜は星空観察も楽しめ、日常を忘れさせてくれるマウンテンリゾートです。

 

ここでは、民家を訪問して山村を撮影したり、露天五右衛門風呂やサロンで休憩したり。

 

▲山村を撮影

 

有機農場で採れた食材を使った夕食をいただいた後、星空撮影にチャレンジ!

 

▲ヒマラヤの星空

 

撮ることだけに力を入れるのではなく、まずは絶景を眺めながら気分をリフレッシュ。

「カメラ片手に、ゆっくりお散歩撮影を楽しみましょう」と松尾さん。

コツをつかめば、初心者でも素晴らしい星空を撮影できるそうです。

 

 

2月23日:早朝のヒマラヤを楽しむ

▲はなのいえの中庭

 

朝早く起きて、澄んだ空気に包まれたヒマラヤ撮影を楽しんではいかが?

この日は終日フリー。

ヒマラヤを望む「はなのいえ」の広い中庭でくつろいだり、周辺の農村を撮影したりしながら、ゆっくり過ごしましょう。

 

 

2月24日:最終日は古都めぐり

ホテルで朝食を摂った後、ポカラへ移動。

国内線でカトマンズへ向かい、古都「パカラ」「ボダナート」をめぐります。

パタンは“美の都”という意味を持ち、芸術的な都市として知られ、町には寺院や僧坊などが点在しています。

観光は王宮前広場が中心ですが、裏通りは地元の人たちの生活感にあふれているので、日本とは違う文化の風に触れてみるのも良いでしょう。

 

夕食後、旅の締めくくりとして、松尾純講師による講評会が開かれます。

撮影して終わりではなく、ツアー中に撮影した自信作をみんなの前で発表。

好評と平行して、さらにレベルアップするにはどうしたら良いか、ちょっとしたテクニックも教えてくださるかも。

 

2月25日:一路、羽田空港へ

ホテルにて朝食を摂った後、カトマンズ空港へ向かいます。

タイ航空にてバンコクを経由して羽田空港へ。

翌朝、羽田空港到着後に解散。

お疲れさまでした!

 

※写真はすべてイメージです。

 

星降る夜空を撮影する…なんてロマンチック〜♪とっても充実のプランですが、料金は!

大人・子ども同額/お一人様(2~3名1室利用)/420,000円とお得な価格! 
※燃油サーチャージ、海外空港諸税、国際観光旅客税が別途必要 
※羽田空港までの交通費は旅費に含まれておりません
2020年2月21日(金)羽田空港出発限定ですので、ご注意くださいね〜。

松尾先生の写真講座も受けられる、またとない機会☆新しい自分に出会えるかもしれないネパールへ、いってらっしゃ~い!

ページトップへ戻る